【VPN おすすめ】Surfsharkの特徴やメリット・デメリット

日々インターネットを使っていると、個人情報などを入力したりすることがありますよね。

安全なWebサイトとされていても「本当にデータが漏洩しないのだろうか・・・」と、セキュリティ面に不安を感じることはありませんか?そんな時は「VPN接続」を使用することで、重要なデータを保護しながら快適にインターネットを利用することができます。

そこで今回は、VPNの仕組みと、おすすめVPN「Surfshark」の特徴やメリット・デメリットについてご紹介していきます!

VPNってなに?

VPNは「Virtual Private Network」の頭文字をとった略称で、特定の人だけが利用可能な専用ネットワークで安全に通信できる仕組みのことです。仮想的に設けた「トンネル」を使ってデータ通信を行うので、定められた人以外はアクセスすることができません。さらに、通信データは「カプセル化」によって暗号化し、本当のIPアドレスを隠す「VPNサーバー」によって、あらゆる情報を保護することができます。つまり、「誰が・どこで・何の通信」を行なっているのかが分からなくなります。

VPNの種類は4つ

VPN接続には主に4つの種類があり、それぞれ異なる特徴があります。

①インターネットVPN

一般的なインターネット回線を用いて、VPNを構築する方法です。低コストですが、通信速度やセキュリティが安定しないリスクがあります。そのため、機密情報をやり取りしない個人ユーザーなどに向いていると言えます。

②エントリーVPN

一般的なインターネット回線と、アクセスポイント以降に閉域網を使用する方法です。コストと品質のバランスが良く、インターネットVPNより安全に使用したい場合におすすめのVPN接続となります。

③IP-VPN

通信事業者の閉域網を使用してVPNを構築する、セキュリティの高い接続方式です。コストは高いですが、通信品質と安全性が高いため、機密情報を取り扱う企業向けのVPNと言えます。

④広域イーサネット

通信事業者の閉域網とVPNルーターを使い、拠点間を接続する方法です。構築には高度な専門知識が必要ですが、比較的低コストで自由度の高いVPNを導入することが可能です。

VPN接続はSurfsharkがおすすめ!

個人ユーザーでセキュリティを高める場合におすすめなのが、「Surfshark」です。

Surfsharkは2018年に登場し、価格や機能に優れ、スマホアプリで簡単にVPNを利用できることから、世界中で利用されている人気のVPNサービスです。

Surfsharkの特徴

Surfsharkは、同時接続が可能なデバイス数が無制限であることが大きな特徴です。アカウントが1つあれば手軽に全てのデバイスを保護できるので、台数制限のある他社サービスでは不可能なことが実現できます。

プラン価格(*2022年6月22日時点)

  • 24月:299円/月(+2月無料)
  • 12月:509円/月
  • 1月:1,649円/月

すべてのプランで30日間の100%返金保証つきです。

機能

  • 個人情報の保護
  • 使用している全デバイスを保護
  • 検閲や追跡を回避するオープンウェブ
  • あらゆるプラットフォームのデバイスを保護

Surfsharkのメリット

  • 低価格
  • 高い通信品質
  • 無制限の同時接続台数
  • アプリで簡単にVPN接続が利用可能
  • 日本語対応の公式サイト

Surfsharkは、利用料金が他社サービスよりも低価格であることがメリットです。24月契約では、1ヶ月ごとの料金が他社を圧倒する安さになり、デバイス台数が無制限な点も踏まえると、非常にお得な料金で利用を始めることができます。さらに、アプリによる接続は簡単かつ高機能であり、手軽なことも魅力となっています。

また、通信速度がかなり速いので、動画配信サービスなどをストレスなく視聴することもできます。

Surfsharkのデメリット

Surfsharkにはこれと言った大きなデメリットは見当たりません。ただし、スマホアプリ版は日本語に対応していないため、日本語での手続きは公式サイトから行う必要があるという注意点があります。

最後に

Surfsharkは、低価格で高い安全性と多機能を備えたVPN接続を実現するサービスです。個人情報やフリーWi-Fiのセキュリティを強化したい方は、30日間返金保証があるSurfsharkを利用してみてはいかがでしょうか。

Read More
ガチゲーマーも愛用のゲーミングチェアは在宅ワークにもおすすめ!
1 month ago
0 61

Leave a Reply

Your email address will not be published.