VPNとは? | 知っておくべきすべてのこと

VPN (バーチャル・プライベート・ネットワーク) は、定義上、2つのコンピュータネットワーク間に安全なトンネルを作り、部外者のアクセスから安全にデータを転送できるようにすることです。VPNは様々な理由により、世界中で人気が高まっています。一般的なVPN情報の詳細はこちらをお読みください。

VPNの機能

簡単に言うと、VPNは2つのエンドポイント間またはネットワークごしのコンピューター間において、安全でプライベートな接続を行うことで機能します。そのように安全に接続されたVPNは、多くの安全なネットワーキングプロトコル(IPsec、SSL/TLS、DTLS、MPPE、SSTP、SSHなど)を使用します。

VPNがないと、こうした2つのエンドポイント間で行われるデータ転送は全てオープンな状態のままになり、十分な技術の専門知識がある人であれば誰でもその内容を傍受できてしまいます。VPNは、トンネルを作って全データをそこに通すことで、このようなコミュニケーションを効果的に保護します。こうすることで、部外者はデータ転送の一部は見られるものの、その内容までは見られなくなります。

VPN
5.0 rating
0.0 rating
4.3 rating
5.0 rating
4.8 rating
4.8 rating

ビジネス向けVPN

センシティブなデータを安全に保護することから、ビジネスシーンではインターネット黎明期よりVPNの恩恵に預かってきました。企業はVPNを使用し、部外者が社内の極秘情報にアクセスできないようにしています。またVPNを使えば、社員が社外勤務をしているときに、必要なデータに安全にアクセスできるようになります。

個人使用向けのVPN

VPNはもっぱらビジネスや教育機関に長い間使用されています。最近ではパソコンが普及し、必要に応じてVPNを個人で使用する人が増えています。日々のオンライン活動でVPNがどう役立つか、詳しく見ていきましょう。

地域制限メディアの視聴

映画をレンタルしたり、地元で音楽を演奏したりすることがなくなって久しくなりました。現代はオンデマンド配信の時代です。Netflix、ディズニープラス、Spoifyなどを購読しているなら、地域制限のせいで特定の映画、舞台、音楽を見つけられないことも多いでしょう。このように地域制限されたメディアにも、VPNがあればアクセスが可能になります。

オンラインショッピングも自由に

同様に、オンラインストアがブラックリストに載せている国の商品の多くが非表示にされています。VPNを使用すれば、売買が許可されている国からのアクセスを装って、制限なくお気に入りの商品を買う事ができます。

無料WiFIセキュリティの使用

カフェのインターネットや空港の無料インターネットを使用するときは、同時に多くの人が使用している安全でないネットワークに個人情報を送ることが多いものです。VPNはこのような無料ネットワークでの閲覧を効果的に保護してくれます。

検閲の回避

さまざまな理由から、時に政府による一部のインターネット検閲が行われることがあります。このように禁止されたページに正当な理由でアクセスする必要がある場合、VPNを使用してこうした検閲を回避し、好きなコンテンツにアクセスすることが可能です。ただし、その国でVPNの使用が合法かどうか、必ず最初に地方自治体に問い合わせてください。

個人データの保護

こうした特定の使用事例とは別に、単にオンライン全体のセキュリティ強化のためにVPNを使用することもできます。例えば、VPNを使用しないと、ISP(インターネット・サービス・プロバイダー)にあなたのデバイスのデータ通信内容を見られてしまいます。VPNを使用すれば、VPNトンネルを介した全てのインターネット通信内容はISPに見られなくなります。

VPNのさまざまな種類

もうすでにVPNが便利なものだとお思いでしたら、利用方法は何通りかあります。商用的に利用できるVPNを使用するか、使用量や技術専門に応じて自分のVPNを作成することができます。以下で最も人気のVPNタイプをご紹介しています。

  • 帯域幅が限られている 無料VPN
  • セキュリティが強化された、帯域幅が無制限の 有料VPN
  • VPNサーバーを使用したセルフホストVPN

無料VPNは安全ですか?

「タダほど高いものはない」という言葉があります。では、無料のVPNサービスを使用すると何を失うのでしょうか?無料VPNが定評ある業者のものであれば、気になるのはおそらく帯域幅でしょう。無料VPNは帯域幅に制限があるものが多いです。無名または評判の悪いプロバイダーの無料VPNサービスは避けましょう。

有料VPNのおすすめは?

オンラインでの活動を高水準で管理するのなら、有料VPNの方が良いでしょう。有料VPNはセキュリティ面が強化されているほか、帯域幅が広く、外国からのアクセスを装う必要がある場合にはより多くのロケーションから選ぶことができます。以下は有料VPNサービスを選ぶ際に注目すべき点をご紹介しています。

  • 最低保証 帯域幅
  • プレミアムサーバーの 数
  • トンネリング技術に使用されている プロトコル
  • 原産国

VPNの使用方法

人気の商用VPNサービスを使用することにしたら、VPNの設定はかなり簡単です。サービスプロバイダーは通常、デスクトップパソコン用とモバイルアプリ用を別々に用意しており、インストールして認証情報を使用し、ログインできるようになっています。VPNに接続したら、今後のインターネット通信は全てこのVPNトンネルを介すことになります。

時として、サービスプロバイダーがブラウザの拡張を可能にしている場合もあります。その場合、セキュリティ強化のために、その拡張をインストールしましょう。1つ以上のデバイスにVPNソフトをインストールできない場合は、代わりにルーターにVPNサービスを設定し、デバイスすべてを保護することも可能です。

VPNを使用するメリット

私たちは人生の大部分をインターネットに依存するようになり、代償として年中無休でオンライン状態にいなければならなくなりました。コミュニケーション、ショッピング、エンターテイメント、教育、仕事、遠隔治療から、金融取引や銀行取引に至るまで、今日では全てがオンラインで行われています。その結果、サイバー犯罪の件数が増加しています。

サイバー犯罪は毎日のように新しい技術を発明し、重要な情報を盗み、データ所有者自身が盗まれたデータに支払いを行っています。VPNはユーザーが犯す間違いを防ぐことはできませんが、サイバー犯罪の攻撃力を弱めることは可能です。結果として、大企業だけでなく個人も安全強化のためにVPNを使用するようになっています。

VPN使用で発生する問題

しかし、何事にも欠点はあるものです。VPN使用の致命的な欠点は、VPNのサービスプロバイダーの信用度です。VPNは外部の詮索からデータの通信内容を保護できますが、そのデータ全てがVPNプロバイダーのネットワークを通ることになります。そのため、VPNプロバイダーの信頼性が非常に大切になってきます。

それだけでなく、時にVPNは場所によっては違法である場合があります。VPNサービスを設定する前に、法的機関にその点を確認しておいた方がいいでしょう。自分の場所から物理的に遠く離れた場所にあるVPNサーバーを使用する場合は、ISP接続が速くても、比較的インターネット速度が遅くなることもあります。

まとめ

VPNは今日のオンライン世界で根本的に必要なものとなっています。手始めに無料VPNに登録し、TorブラウザやProxyブラウザ拡張などといった選択肢の1つを試してみて、パソコンや携帯電話でのVPNの使い心地を見てみましょう。

よくある質問集

携帯電話でもVPNを使用する必要がありますか?それともパソコンだけでいいですか?

両方で使う必要があります。モバイルデバイスは近年、小さなポケットサイズのパソコンのようになっています。また、外で無料Wi-Fiを使用する際に、VPNがデバイスを保護してくれます。

VPNを使うと、モバイルデバイスやノートパソコンのバッテリーが消耗するでしょうか?

サービスを追加することになるため、VPNはある程度の電力を消費します。ただし、良質のVPNの電力消費は最小限に抑えられています。

オンラインバンキング使用時にVPNを使用したほうがいいですか?

必ず使用してください。銀行が施行している保護に加えてVPNを使用することで、サイバーの脅威からの保護を強化します。

センシティブなデータを使用するときだけVPNを有効にするべきですか?

いいえ。オンラインの安全性を途切れさせないよう、VPNはいつでも使用するようにと専門家は薦めています。